「ウェスティン・ヤンゴン」が、2021年に開業

ミャンマー

  お知らせ

                           

2019年11月05日

マリオット・インターナショナルはミャンマーの大規模複合再開発事業ヨマ・セントラルプロジェクトに参画し、2021年後半には、ウェスティン・ブランドのホテルを開業する、と地元メディアが伝えた。

開業するホテル名は「ウェスティン・ヤンゴン」、同ホテルは281部屋を備えるホテルと90部屋を備えるサービスアパートメントを開発事業ヨマ・セントラルの一環として建設するという。

また、同ホテル内には、レストランやロビーラウンジ、プールサイドバー、ルーフトップバーだけでなく、会議室、重役用会議室、2470平米の会議室とイベント会場も併設される予定、とのことである。ヤンゴン中心部が景観が一段と華やかになる。

*参照:総合開発事業:ヨマ・セントラルプロジェクトは、ヤンゴンの旧鉄道省の敷地で進む開発事業で、グレードAランクのオフィスタワーやミャンマー国鉄旧本社ビルを改装したホテルやサービスアパートが2021年までには建設が着工されるという一大事業である。

*掲載画像:ホテル「ウスティン・ヤンゴン」の完成予想図

Follow me!

インドシナ3国、タイ、ミャンマーへのご旅行をお考えの方は

New Sai Travel