「長期滞在者」の入国も解禁へ ベトナムの技能実習生ら ーあくまで日本のご都合ー

ベトナム

  お知らせ

                           

2020年06月18日

日本政府案:ビジネス関係者の「短期出張」だけでなく、

駐在員や技能実習生など「長期滞在者」の入国も解禁

政府が18日の国家安全保障会議で決定する国際的な人の往来再開に向けた措置の原案がわかった。ビジネス関係者の「短期出張」だけでなく、駐在員や技能実習生など「長期滞在者」の入国も解禁の方向で、当面は試行と位置づけ、入国者の上限は1日250人程度とする。

 政府は往来再開に向けて4カ国と交渉しているが、ベトナムが第1弾としてこの夏にも始まり、タイが続く見通し。豪州とニュージーランドは両国間や太平洋諸島を優先する意向で、日本との往来再開は夏以降となりそうだ。当面は4カ国を対象とし、感染状況をみながら拡大する意向のようだ。

政府案によると、入国拒否や日本人への渡航中止勧告といった新型コロナウイルスの水際対策は維持しながら、その上でビジネス上必要な人材について「例外」の枠を設け、厳しい防疫措置を条件に入国を認める方針ということ。

日本のご都合による入国解禁

だが、これはあくまで日本のご都合主義、とりわけ「短期出張」なら、相手国は厳しい帰国検査を義務付けられている。日本が選ぶ相手国は市中感染を克服して1.2か月経つ国だが、日本はWithコロナといって「市中感染」が依然続いており、新規感染者の半数近くが運・不運の接触者不明という状況が続いている。Withコロナ」とは、相手国から見れば、市中感染野放策ということになる。運に任せて出稼ぎ労働というのが、「技能研修生」の長期滞在の実態である。入国時の検疫も長期滞在者向けではなく、感染国から帰国者や入国を防ぐための措置の一環に過ぎない。

経営者や技術者らが「短期出張」で来日する場合、入国前に2週間の健康観察期間を置く。PCR検査で陰性を確認した証明と、日本での滞在先と仕事先、接触予定者などを書いた活動計画書の提出を求める。「長期滞在」の技能研修生とは、よくて数か月の日本語学習レベル、要は工場や農業部門での単純作業労働者の調達である。

日本入国時、PCR検査、2週間は公共機関使用不可、2週間移動制限、追跡アプリ

「長期滞在者」の入国も解禁へ ベトナムの技能実習生ら:朝日新聞デジタル より

日本への入国時、空港でのPCR検査で陰性を確認する。入国後2週間は活動計画書に書いた滞在先と仕事先の往復に限って移動を許可し、公共交通機関の使用は認めない。接触通知アプリを導入し、携帯電話で位置情報も保存。要は、そんな不自由を強いられても、お金を稼ぎたい出稼ぎ労働、出迎え、寄宿舎を用意してまで安価な労働を必要とする日本側の受け入れ先があって成り立つものである。

違反者で悪質な者は強制退去、在留資格取り消す

政府関係者によると、事前申告した以外の場所に立ち寄るなど悪質なケースは、強制退去や在留資格取り消しも検討する、という。最初の2週間、まるで中国のウイグル族への扱いの様、実は、日本人であっても帰国者にも同様な半隔離や不自由は強いられている。こうした罰則付は、「技能研修生」制度が、送り出しの国や受け入れの日本国双方に悪徳業者の介在が後を絶たないからである。

本格的な旅は安全第一、ワクチン開発後となる

全てこれに尽きる。先ずは国内旅行がいかに安全になるかとなると、日本の現状はワクチンの早期開発以外に選択肢はない。近場で楽しむ。事実、多くの庶民は、つい近くの時代までこうして過ごしていた。距離を稼ぎ、絶景ー多くは秘境ーなんていう贅沢よりも質を求める旅になるだろう。コロナ後は、数じゃない。

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel