「11月28日の市中感染事件」 新規感染者が4人に さらに増える可能性がある

カンボジア

  お知らせ

                           

2020年12月04日

カンボジア政府・保健省は4日、「11月28日の市中感染事件」(地元メディアはそう呼んでいる)に関連する4つの市中感染症例を確認した、と発表した。

4人の内1人は、新しい症例には、プレアシアヌーク通りのディームコンピューターズの従業員であるカンボジア人男性(35歳)である。同新規感染者は2日(水曜日)に新型コロナ感染が確認されたカナディア・タワー内の中国銀行で働いている23歳の男性のいとこになる。

同感染者:カンボジア人男性(35歳)と妻32歳と息子3歳の感染も確認された。同感染者家族はプノンペンのChhbar Ampov地区にあるBorey Lim Chheang Hakに住んでいます。

もう一人の新規感染者は、Street Preah SihanoukのPedroアクセサリー店で働くカンボジア人男性(22歳)で、買い物で店を訪れた既に感染者であった女性(21歳)と濃厚接触者である。

4日現在、「11月28日の市中感染事件」の累計感染者は23人となった。依然、予断が許されない。さらに感染者が増える可能性がある。

*掲載写真:ノンペン知事Khuong Sreng氏と、保健省国務長官のYouk Sambath氏は、オリンピック・スタジアムを視察し、新型コロナウイルスの検疫場を設けた。画像:地元メディアより

 

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP