これも不発弾処理?漁網に魚雷

ベトナム

  お知らせ

                           

2018年12月21日

12月19日午前7時半ころ、南中部沿岸地方フーイエン省トゥイアン郡アンハイ村の沿岸から約2カイリの海から長さ6.7m、直径0.54mの「謎の物体」が漁民により発見された。魚雷らしき形をしたこの物体には、中国語の文字が記載されていたいう。「謎の物体」というが、写真を見るかぎり後部先端にスクリューが取り付けられていることから、魚雷であることは明らか。

中国語表記の魚雷

同日に引き上げ作業が完了し、ベトナム海軍に引き渡された。海軍の責任者は、「海軍の訓練設備」と発表しただけで、コメントを控えている。いかにも社会主義国の軍当局のそっけなさ。これって日本なら大騒ぎ、先ずは海岸で不発弾処理なのだが。中国語表記だから中国製と推測されるがが、中国艦艇の落とし物か?とは決めつけられない?出自は専門家から見れば、型式から簡単に特定できるのに。

ベトナム海軍の落とし物?

「海軍の訓練設備」と発表したのだから、かつてベトナム戦争中に中国から武器支援を受けたベトナム民主共和国(当時、日本では北ベトナム。現在の北による南北統一後の国名はベトナム者主義共和国)海軍の落とし物を示唆しているように思える。

フーイエン省。省都トインフォア          Wikipediaの画像より

 

*写真画像:Webニュースサイトより

Follow me!

インドシナ3国、タイ、ミャンマーへのご旅行をお考えの方は

New Sai Travel