もはやコミック! シハヌークビルの中国化  ー中国人経営店の看板のクメール語誤り表記391枚の撤去指示ー

                           

2019年06月07日

この種の漫画のようなことは、カンボジアではよくある話である。国内メディアが御用機関一色なので、人々は噂噺に信ぴょう性を抱く。国内メディアも公的機関の報道垂れ流しや検証なしの記事をしょちゅう掲載するから、それを直訳したようなカンボジア関連の日本語ニュースも多々見られる。

さて、急激なシハヌークビルの変貌に漫画のような話題があった。

中国系カジノが林立するシハヌークビル。トゥクトゥクの看板にもカジノ宣伝が目立つ。ギャンブルの纏まり付くいかがわしさに犯罪も増える。どの国にも言えることだ。

「シアヌークビル市当局は、クメール語を誤訳やスペルミスして表示されている店の看板391枚を撤去させた。」とプノンペンポスト紙が報じている。要は中国人オーナーの店舗の看板に表記されているクメール文字がデタラメ表記ということである。その数は何と看板391枚。 市当局者の一人は、「彼ら(中国人)はクメール語を知らないので、グーグルで翻訳した言葉をそのまま使用したのだろう」と述べ、当局に中国語が話せる当局者がおらず、店主との撤去交渉に時間を要したという。先に観光大臣は地方当局に対し、他の関係当局と協力して看板の誤訳やスペルミスの問題を解決するよう指示していた。

さもありなんという内容だが、これには訳がある

① 2000年代、カンボジア都市部の店舗看板には英語、漢字が溢れて、クメール語表記をしないほうが、お洒落という風潮があった。そこでいつものフン・セン首相自らがメディアに出て、「店舗、団体の看板表記では、上にクメール語を表記せよ!」と命じた。だから中国人経営の店舗も上にクメール語、その下に中国語を表記するのが義務であるが、それがコミックのデタラメ表記という騒ぎになった。

② 人権団体アドホックの地方コーディネーターは、「中国人経営の印刷会社は、従業員も中国人を雇用する傾向がある。カンボジア人従業員による確認作業を行わない印刷所の運営を認める地方当局にも問題がある。印刷会社のオーナーはグーグル翻訳とクメール語のフォントが装備されていないキーボードを使用して、誤訳とスペルミスの発生を招いた」と述べた。誤訳とスペルミスのまま中国人経営の印刷屋は製造し、注文主に渡すが注文主も従業員も中国人ということでミスに気付かない、また低賃金のカンボジア人雇用ではクメール語の読み書きができないということである。

実態としての識字率の低さ、カンボジア人の外国語の多くは耳学問、読み書き能力は極端に劣る

シェムリアップでは英語で話しかけてくるカンボジア人でも英語の読み書きができない者は、多々いる。要するに<耳学問>なのだ。政府の公式発表統計ではカンボジアの識字率は、9割弱だが、その中には自分の名前がクメール語でかけるだけといった程度のものも含まれ、小学校卒業レベルの識字率になると50%を下回るの実態なのだ。

「カンボジア、中国人犯罪者急増」と報じる日本語メディア:「木を見て森を見ず」

―カンボジア:数年前まで圧倒的にベトナム人犯罪数、日本:外国人犯罪ではベトナム人が第1位-

カンボジアに関する国内ニュースで「在カンボジア外国人のなかで、中国人犯罪が急増」と報じられるとすぐに飛びつく日本語メディアがあるが、数年前はカンボジアではベトナム人犯罪が数では圧倒していた。日本でもここ数年、外国人犯罪はビザ要件の緩和で中国人を抜いてベトナム人犯罪件数が第1位である。

カンボジアに関して言えば、コソ泥、ひったくり、置き引き、空き巣、強盗などでは、今なおカンボジア人犯罪が圧倒的な数である。プノンペンの在住日本人でいえば、2年も住むと泥棒は避けられないのが実態である。コソ泥、空き巣、引ったくりのような被害だと、被害届を警察に出せば、書類づくりや捜査に被害者が金銭を要求されるのが常である。だから、多くは泣き寝入り。犯罪件数は泣き寝入りを入れれば、数十倍に膨れ上がる。中国人犯罪者の急増は中国人の流入の急増に比例しているに過ぎない。カンボジアに住む外国人、日常的に警戒するのは先ずはカンボジア人なのも常識である

ただ、英語圏の人たちと中国人は自国語が通じるのは当たり前という態度の人が多く、特に中国人は、自国の腐敗が日常化しているから「札びら切る」者もでてくる。シハヌークビルの在住外国人の9割が中国人中国人犯罪(被害者も中国人が圧倒的数)も自ずと集中する。その中国人を狙うカンボジア人犯罪者も集まるということになる。「中国人」と見られるといちゃもんを付けられ、金銭を要求する警察官が後を絶たないのがカンボジアである

*参照:下記の①、②の文をクリックしてください。

 

① もはや末期的か! シハヌークビルの中国化ー当局による離島中国系カジノの強制閉鎖・解体処置ー

② 中国大使、犯罪行為を行う中国人の取り締まりに協力と言明 <揺れる一帯一路>

③ カンボジアの外国人居住者の44%が不法滞在 大部分はベトナム出身とあるが…..

Follow me!

インドシナ3国、タイ、ミャンマーへのご旅行をお考えの方は

New Sai Travel