アジアの一人勝ち ベトナム コロナ対策奏功で4~6月はプラス成長を維持

ベトナム

  お知らせ

                           

2020年06月30日

コロナ禍から早期に回復、4~6月期に+成長!アジアで独り勝ち

ベトナム統計総局が29日発表した4~6月期の実質国内総生産(GDP)は前年同期比0.36%増となった、と発表した。新型コロナウイルスの感染拡大でタイやシンガポールなど周辺国や世界のパンデミックで経済の追い込みが激しい中、ベトナムだけは1~3月期時点でマイナス成長になる中、4~6月期には早くも奏功しプラス成長を維持している、ことになる。これは、多くの国がコロナ禍に苦しむなか、奇跡に近い!隣国カンボジアも感染死者0ではあるが、経済的な打撃が大きくマイナス成長である。

政府 経済成長率4%台維持を目指す

1~3月期の3.68%増からは減速したが、米ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の1.3%減を上回った。アジア開発銀行(ADB)は20年通年のベトナムの成長率予想を4.1%としている。東南アジア主要国では高い水準になる。

ベトナムはコロナの封じ込め対策を早期に実施し、外出制限措置を4月の約3週間にとどめた。海外からの渡航者を除く国内感染、所謂「市中感染:は約75日間連続で発生していない。市中感染が、東南アジアで2か月近く発生していないのは、ベトナム、カンボジア、ラオス、タイのみである。世界でも稀有な国々である。

GDPの約7割を占める個人消費、前年並みを維持

経済成長をけん引してきた輸出はマイナスに転じた。4~6月期の輸出額の伸びは前年同期比9%減の570億ドルにとどまった。項目別で輸出規模が大きい「携帯電話・同部品」の輸出が24%減少したほか、主要輸出品の衣料品も3割近く落ち込んだ。一方で、ベトナム政府は景気対策として1~6月期に70億ドル規模の公共投資を実行した。前年同期を19%上回っており、輸出の大幅な落ち込みを補っている。GDPの約7割を占める個人消費などの最終消費支出は、国内経済がコロナ禍を抑え込んことで早期に再開した影響で前年並みを維持した。

20年通年で4.5%前後のプラス成長を実現を目指している

ベトナムは2019年まで2年連続で7%成長を続けてきた。政府は総額250兆ドン(約1兆2000億円)規模の景気対策を進めており、20年通年で4.5%前後のプラス成長を実現を目指している。

ベトナムは、北は中国に接しながら、人口は約9600万人いるが、累計感染者は約350人余。死者はゼロが続いている。WHOが先ず、その奏功例を調査し、称賛すべきである。

*参照:掲載写真 熱気が戻って来た! Webサイト日経新聞より

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel