インド型と英国型の混合変異株を確認、強い感染力は脅威

ベトナム

  お知らせ

                           

2021年05月30日

ベトナムのロン保健相は29日、インド型の新型コロナウイルスの変異株に、英国型に含まれていた変異が加わった合同変異株(ハイブリッド型)が確認された、と明らかにした(VNエクスプレス)。このニュース、ロイター通信が配信するや日本を含めた主要国で大きく取り上げられている。

新種の変異株は複数の感染者の遺伝子解析から見つかった。ロン保健相は「これまでの変異株よりも空気中での感染力がはるかに強い」と述べている。

ベトナムはこれまで世界保健機関(WHO)などからコロナ対策の「成功例」とされてきたが、4月下旬から日本からの帰国者が2週間を過ぎて発症し、感染者が急増中である。日系企業などの製造業の工場が集まる北部バクザン省とバクニン省を中心に感染拡大が続いている。

29日午後時点の累計感染者数は6713人で、このうち5月に入ってからの感染者は半分以上の約3600人に上る。ベトナムは直ちに入国規制を強化することなく見守っているが、タイは全土で感染爆発状況、隣国カンボジアやラオスでも新型コロナの感染拡大が続いており、今回のハイブリット型変異種の確認は大きな脅威となっている。

*掲載写真:ロイター電より

 

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP