クルーズ船のベトナム寄港回数、2018年は493回でアジア4位に!

ベトナム

  お知らせ

                           

2018年11月19日

クルーズライン国際協会(Cruise Lines International Association=CLIA)によると、2018年にクルーズ船がベトナムに寄港する回数は前年比+20%増の493回に上り、アジア各国の寄港回数で4位となる見込みだという。

アジア最大級の豪華クルーズ船・ゲンティン・ドリーム号 画像:Webサイト

クルーズ船が多数寄港する

寄港する回数が多い港は、チャンマイ港(北中部地方トゥアティエン・フエ省))の159回、フーミー港(東南部地方バリア・ブンタウ省)の139回、カイラン港(東北部地方クアンニン省)の111回、ニャチャン港(南中部沿岸地方カインホア省)の72回などが挙げられる。

クルーズ船を利用するベトナム人客は急上昇

一方、クルーズ船で観光するベトナム人も急速に増加している。2012年にはわずか158人だったが、2018年には約5900人となる見通しだ。1回のクルーズ旅行の日数は、4~6日が最も多く64%を占める。3日以内は26%、7~13日は8%だった。旅行先はアジアが80%で圧倒し、他はカリブ海(7%)、アラスカ(6%)、欧州(3.5%)、オーストラリア(1%)などだった。

クルーズ船乗客は高額ツアーが普通。 画像:Web サイトより

ベトナム中間層の増加

プリンセスクルーズ(Princess Cruises)の東南アジア地域責任者によれば、「ベトナムは潜在力が大きい市場だ。中間層が増えるに従ってクルーズ旅行を選ぶ人が増えると予想している」と話した。世界銀行(WB)の報告によると、ベトナムの中間層は毎年約150万人増加している。


 

Follow me!

インドシナ3国、タイ、ミャンマーへのご旅行をお考えの方は

New Sai Travel