コロナ感染第2波 発生地ダナンの社会的な隔離措置を延長 ダナン関連で16人死亡

                           

2020年08月12日

ベトナム中部海岸の一大商業都市ダナン市(ĐàNẵng)は、8月11日に最初の2週間が終了した翌日から12日から、社会的な隔離措置をさらに延長しました。

市民生活を考慮して3日1度市場での買い物許可

ダナン市当局は、100日ぶりの国内感染(第2波)7月25日から8月11日までの最初の社会的な隔離措置の間に277人が新型ウイルスに感染したと発表している。 。社会的な隔離措置下で市当局は地元住民は家にいるべきだと警告する一方、市内のすべての世帯は、混雑を避けるために3日ごとに市場で買い物に行くことを許可している。また、ダナン市への空路、鉄路は止まったままである。

 ダナン市 既に5万人余のPCR検査を実施

また、地元メディアには、8月8日の時点、ダナン市の医療部門は7月25日以降、合計40,451件のPCR検査を行った、報道されている。ダナン疾病管理センター(CDC)の技術者の言として「15日前には、ダナンCDCのスクリーニング能力は以前は1日あたり500〜700のサンプルで安定していましたが、現在は10倍に引き上げられている。」とも伝えている。

   ダナンから各地に飛び火、死者16人を数える(11日夜時点)

11日夜時点、ベトナムの新型コロナ感染の累計は863人なり、16名の死亡を確認している。7月25日まで、国内感染が100日間0、さらに死亡者0であったが、ダナン発生源の感染は各地に飛び火し、感染者数が急増し、死亡も2週間余で16名を数えることになった。

死亡者のほとんどは疾患を持つ高齢者であるが、832症例目の37歳の男性の死亡の確認は、糖尿病、心不全の持病を持つとはいえ、国内に驚きを与えている。

ダナン市管理センターに入る前に体温を測定。画像:地元メディアtuoitrenews.vnより。

なお、ベトナム国内では、隔離施設、宿泊施設、または自宅で、166,000人近くが検疫中である。さらにダナン市では、公務員にホームワークを勧めた。

掲載写真:ベトナムのダナン市にあるダナン疾病管理センターの実験室のステーション。 画像:地元メディアtuoitrenews.vnより。

 

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel