コロナ禍のタイ、新規感染報告2万515人 過去最多312人死亡だが、首相は「減速の兆し」と語る

タイ

  お知らせ

                           

2021年08月19日

タイ政府:新型コロナウイルス感染症対策センターによると、8月18日に報告があった新型コロナ新規感染者は国内感染2万498人、検疫隔離中の帰国者、入国者17人の計2万515人、死者は1日として過去最多の312人だった。タイの人口は約7000万人弱、日本は1億2356万人で同日の新規感染者数2万5156人、死者26人だから人口比から言えば感染の酷さは悲惨であり、同日の死者の数はとんでもない数である。
18日、タイ国内の刑務所で新たに248人の感染が確認された。さらに刑務所を除く都県別の新規国内感染者数はバンコク都4154人、バンコク西郊のサムットサコン県1820人、南郊のサムットプラカン県1335人、東部チョンブリ県1206人、バンコク北郊のノンタブリ県756人、東北部ナコンラチャシマ県719人などと続く。

死者は28~102歳の男性174人、女性138人で、タイ人305人、ミャンマー人5人、カンボジア人1人、英国人1人である。

累計の感染者数は96万8957人になった。累計の死者数は8285人、死亡率は0.86%。累計で言えば、日本は感染者数123万2461人、死者数1万5555人(昨年2月のクルーズ船を含む。クルーズ船だけを勝手に外しているのは日本政府だけで、世界では通用しないからNHKはきちんと統計を出しているーNHKニュース:特設「新型コロナウイルス」サイト)。
タイ国内では入院中(臨時病床を含む)は20万7553人、人工呼吸器を装着している患者は1155人である。
ここに来て、新型コロナの感染状況について、プラユット首相兼国防相は18日、7月にバンコク首都圏などで開始した都市封鎖(ロックダウン)の効果が現れ、感染が減速してきているという見方を示した一方で、1日の死者数が高止まりしているとして、懸念を見せたいう

都市封鎖措置(ロックダウン)の緩和、解除については、8月中に感染が峠を越えれば、9月上旬に制限を緩和できるという見通しを述べたという。冷静に見れば、人口比から言えば、日本はタイの悲惨な状況を追いかけている。ただ、医療水準の平均値がタイよりは上で、それだけ医療関係者たちが懸命に最前線で頑張っているのだろう。

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP