コンダオ航路、開業1週間の双胴高速船が海上でトラブル―乗客500人パニックー

ベトナム

  お知らせ

                           

2019年02月23日

「21日午前6時15分ごろ、東南部地方ブンタウ市と同省コンダオ島を結ぶ双胴高速船「コンダオ・エクスプレス36(Con Dao Express 36)」が海上で故障し、約500人の乗客は一時パニック状態になった。この高速船は14日に運航を開始したばかり。」と、ベトナム国内メディアが伝えている。

本サイトに投稿 2月15日付「 これは、朗報!ブンタウ~コンダオ島間で双胴高速船の運航が始まる」、恐縮するばかりです

2月15日、本Webサイト・discover NAVIに「 これは、朗報!ブンタウ~コンダオ島間で双胴高速船の運航が始まる」と題して伝えた双胴高速船:コンダオ・エクスプレス36(Con Dao Express 36)の就航だがわずか1週間弱で事故の記事、当編集部として当惑と恐縮するばかりです。が、「絶景の島」コンダオとしてダナンフーコック島に続き多くの観光客を惹きつけていくことは、間違いありません。

LCC(格安航空)選びも、実績重視が大切

また、本サイトでもここ1.2年に急増するLCC(格安航空)の日本路線就航の記事を多く投稿しているが、日本の国内線では実績があるが、海外LCCの場合、新規参入航空会社も多くその実績に注意が必要と痛感しています。誰しもが、こうした事故にニュースに「安かろう、悪かろう。」と思ってしまうのも事実です。

さて、上記の記事では、「乗客の一人によると、船がカウダー港(Cang Cau Da)を出発してから15分後、エンジン4基の一つが故障していることがわかり、岸に戻らざるを得なくなった。しかし、陸から約800m離れたところで船は止まり、海に浮かんだ状態となった。
同高速船を運航するフーコック・エクスプレス社(Phu Quoc Express)は、当局の支援によりカウダー港からカヌーを運んで乗客を陸へ輸送した。」と。カヌーで救助、あまり経験したくない事故であります。

参照:下記の①の文をクリックしてください。

① これは、朗報!ブンタウ~コンダオ島間で双胴高速船の運航が始まる

*掲載写真:Webニュースサイトより

Follow me!

インドシナ3国、タイ、ミャンマーへのご旅行をお考えの方は

New Sai Travel