タイ、陸の国境閉鎖 -新型コロナ感染122人増加、累計721人 地方で感染拡大ー

タイ

  お知らせ

                           

2020年03月23日

23日、陸路の国境を閉鎖ー流通は認めるー

タイ国内のテレビ報道では、タイ政府は新型コロナウイルス対策として、この23日から、タイ内務省が管理するすべての陸の国境を閉鎖した。物資の輸出入は条件付きで認めていつとのこと。

ただ、タイ国内で働くミャンマー人、カンボジア人、ラオス人などが、バンコク首都圏の商業施設閉鎖や今回の国境閉鎖を受け、帰国のため国境に殺到していることから、23日になっても、こうした人たちの出国は認めている。

タイかた帰国を急ぐ出稼ぎカンボジア人労働者 こうした人々のなかに「隠れ新型コロナ感染者」がいるだろう。

なかでも在タイ・カンボジア大使館は、約200万人もいると言われるタイで働くカンボジア人「この正月(4月半ば)、帰国するな!」という「棄民」のような非常な指示をだしているが、すでに数万のカンボジア人が国境越えて帰国している、カンボジア人はいう。タイは厄介払いしているが、カンボジアは受け入れたくない。その中に何人もの、新型コロナ感染者がいるという噂が広がっている。

タイ保健省は23日の発表で、タイ国内で新型コロナウイルスの感染者が新たに122人確認されたという。これでタイ国内では感染者累計721人になった、という。このうち1人が死亡、668人が入院中で、52人は容体が改善し退院した。新たに感染が確認されたうち92人については感染経路を調査中だとしている。

タイ 症状のない者は検査不要! 医療崩壊への危惧か

タイの保健省は、これまでウイルス検査を受けた人が約3万人で、そのうち陽性は約400人だったと指摘し、せき、発熱などの症状がない場合は検査を受ける必要はないとしている。これは、タイ政府自体が「せき、発熱などの症状がない」人から感染が、これ以上確認された場合、医療崩壊が予見されているからだろう。ご存知のように無症状の人もウイルス感染力があり、事実上野放しになるため、さらなる感染拡大が起こり得る

また、地方での感染例が増え、22日の時点で、感染者の約4割がバンコク以外で発生していると明らかにし、注意を呼びかけた。

隣国カンボジア、ミャンマーの危機ー隠れ感染者からの「市中感染」の危惧ー

タイから帰国を急ぐ出稼ぎカンボジア人労働者 こうした人々のなかに隠れ新型コロナ感染者がいるだろう。

カジノで知られるカンボジア西部のポイペトへの渡航歴があるタイ人感染者も複数いた、とタイの保健省は発表している。そして帰国希望の外国人労働者の帰国を進めている。これは、カンボジアでは確認されていないが、カジノ従業員のカンボジア人の感染も想定される。上記のタイからの帰国者のなかにも隠れ感染者と共に「市中感染」がカンボジアで広がる怖れがでてきた。もちろん、ミャンマーも同様の危機を迎える。

*掲載写真:カンボジア=タイの国境 タイ側からカンボジア・ポイペトを写す。国境ゲートの向こう側に見えるのは、タイ人目当てに造られたカジノのビル。

*参照 下記の文①をクリックしてください。

 ① タイへの出稼ぎカンボジア人労働者、正月に帰ってくるな!

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel