タイ・エアアジア、チェンライ空港をハブ空港に

タイ

  お知らせ

                           

2019年02月12日

チャンライ:かつてはミャンマー国境に近い辺境の街

タイ・エアアジアは、チェンライ空港をハブ空港にすると発表しました。これで、ハブ空港はバンコク(ドンムアン)、チェンマイ、ウタパオ(パタヤ)、プーケット、クラビー、ハジャイに次いで7か所目となります。チェンライはタイ北部、チェンマイよりさらに北のミャンマー国境に近い辺境の街、タチレクからミャンマーへの国境越えで誰も立ち寄る街です。街の周囲の高原、山地には少数民族の集落が散在しています。散在する集落や山上の寺院、華僑の街への観光トレキング、ツーリングの発着の街でもあります。

利用者が急増しているチェンライ空港。 画像:タイ国内紙掲載より。

2018年、チェンライ空港 利用者は300万人弱

チェンライ空港は、昨年一年間で利用者数は約280万人と過去最高を記録しており、ここ6年でほぼ3倍にまで増加していて、タイの主要空港の中では最も高い伸び率を示しています。空港発便のチェンライ中心部へのバスは午前6時20分~午後10時30分までおおむね30分に1本が運行されていて、運賃も一律20バーツ(約70円)と格安ですので節約派にはおすすめです。2018年度300万人弱の利用者という。

同社は今年1月末よりチェンライ発着でマカオ、クアラルンプール、シンガポール、プーケットの4路線を新設し、既存の2路線と合わせチェンライ便は計6路線に急拡大しています。

チェンライマカオ 週3便
チェンライシンガポール 週3便
チェンライクアラルンプール 週4便
チェンライプーケット 週3便
チェンライハジャイ 1日1便
チェンライバンコク 1日5便

*上記オレンジ色字が新説路線です

 

 

 

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP