タイ国政府観光庁 「アメージングタイ衛生安全基準(SHA)」認定を導入。

タイ

  お知らせ

                           

2020年05月13日

タイ政府観光庁(TAT)は、官民協力してタイ国の観光業界の水準と国内外の観光客の信頼を高めることを目的とした「アメージングタイ衛生安全基準衛SHA(“Amazing Thailand Safety and Health Administration: SHA」認定を導入する。SHA認定は、タイの観光事業者が新型コロナウイルス後の「観光立国」事業復帰にむけた準備です。

今や日本より安全

タイのコロナ禍は、市中感染も見られたが、世界の観光客が集まるタイとしては、驚くほど感染が爆発的な流行を呈することはなかった。今なお、新規の感染者数の確認するが、それは一桁台に留まっておいる。13日現在、累計感染者数は、3000人弱、死者50人台で保健省の取り組みが効果を上げてきている。日本はなお、感染者数1万6054人、死者691人、緩い規制とあいまいな基準、準備や対策の遅れで新規感染は少なくなってきたとはいえ、ここ1週間は日々2桁台であるが、13日現在で前日比81人、死者は前日比21人である。感染者数よりも致死率の高さが目立つ。日本はまだ、「観光」どころではないのである。

要はタイのほうが日本にいるより安全である。

「アメージングタイ衛生安全基準(SHA)」認定の5つのポイント

「アメージングタイ衛生安全基準(SHA)」で認定される観光施設およびサービスの評価方法の主要5つは、下記の通りです。

● 観光施設およびサービスは、公衆衛生省の疾病管理省による新型コロナウイルス感染症管理ガイドラインに厳密に従う。

● 地元の文化を維持し、地域社会と観光客の間の相互作用を促進しながら観光の安全確保に重点を置いた開発計画や運用手順によるアトラクションや施設の安全。

● 観光施設とサービスにおける衛生と清潔さ<ホームステイ、ロッジ、土産物店、レストランなど>

● コミュニティーとアトラクション間の利便性、清潔さ、安全性および自家用車、公共バス、航空会社を含む交通機関の安全衛生基準。

● 観光の安全とセキュリティプロトコルを含む、観光施設における観光担当者の信頼。

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel