タイ国際航空、日本路線の燃油サーチャージを値上げ 8月に改訂

タイ

  お知らせ

                           

2022年07月15日

タイ国際航空(Thai Airways International)は、日本発の航空券を対象とした燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を2022年8月1日発券分より改訂すると発表した。

算出基準となる4月~5月の平均航空燃油(シンガポールケロシン)価格が上昇したことが値上げの理由として、10月以降に搭乗客から徴収される金額(片道1区間あたり)は以下の通りになるという。

日本(東京/名古屋/大阪)=バンコク
エコノミークラス: 140USドル(7月31日までは125USドル)
ビジネスクラス: 160USドル(7月31日までは140USドル)
ファーストクラス: 160USドル(7月31日までは140USドル)

現時点で同社が運航する日本路線は成田~バンコク線、羽田~バンコク線、関西~バンコク線、中部~バンコクの4路線のみである。なお、運休中の福岡線は10月末より、札幌(新千歳)線は12月より運航を再開する予定とのことです。。

また、バンコク以遠の燃油サーチャージについても2022年7月11日に改定するとのことです。

詳細は以下のアナウンスをご参照下さい。

「燃油特別付加運賃」について | タイ国際航空

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP