タイ航空、日本を含む6か国を対象にプーケットへのチャーター便を準備

タイ

  お知らせ

                           

2020年08月28日

昨日、「プーケット島を先行モデル 外国人観光客の受け入れ再開を検討ー10月から先ずは長期滞在者のみー」という記事を投稿しましたが、同モデルようやく現実的な動きがでてきました。

タイ航空(Thai Airways International)は、タイ政府が検討しているプーケットでの外国人観光客受け入れに伴い、日本を含む6カ国を対象にチャーター便を運航する準備を進めていると名言した。

先ずは6各国に限定して11月にチャーター便を

同社のチャンシン社長代行によると、チャーター便の開始時期は11月下旬を予定。まずは日本、韓国、香港、イギリス、ドイツ、デンマークが対象になるとのことことです。各路線共に月2便程度を運航し、問題が無ければ本数を増やすとともに中国など対象国・地域を拡大していく計画という。

今後の情報については、下記をご参考に

☆ THAI To Fly Foreign Tourists To Phuket Following Government Policy

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel