タイ 非常事態宣言 9月末まで5回目の延長へー高まる反政府運動の抑圧の手段と批判ー

タイ

  お知らせ

                           

2020年08月23日

さらに9月末まで延長

タイ政府は、新型コロナウイルスの感染対策として出していた非常事態宣言を、9月末まで延長する方針を決めました。タイでは、若者による反政府集会が活発化していて、今回の延長は、政府への批判を抑え込むためではないか、批判が出ている。

タイ政府は21日、会見を開き、今月末までの非常事態宣言について、来月末まで延長する方針を明らかにした。非常事態宣言が延長されるのは、これで5回目です。

長引く延長、入国不可

タイでは、新たに確認される感染者数は、ここ4か月ほどほぼ1桁の日が続いていますおり、国内感染0が3か月以上続いているのに、タイ政府は、世界では感染がおさまっておらず、感染の再拡大を防ぐため必要がある、と非常事態宣言を延長した。

そうした中、タイでは、先月半ば以降、若者による反政府集会が全土で活発化しており、集会に参加した人権派の弁護士や学生などが扇動などの疑いで相次いで逮捕されている。また、隣国カンボジアでは、先月にプノンペンから反政府活動家が何者かに拉致され、未だ行く不明、それまでにも反政府活動家が何者かに殺害され、メコン川に投棄されている。このため、学生などの間からは、たび重なる延長は、こうした集会や政府への批判を抑え込むためではないかという見方も出ています。タイ政府は、あくまでも感染防止のためだという姿勢を強調しいる。こうした国内事情もあって、タイへの入国は増々困難になっている。

*画像:8月21日 NHKニュースより

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP