ダナン コロナ後の世界 ー日本人観光客を誘致する中心にー

ベトナム

  観光情報

                           

2020年12月20日

ダナン観光業界の7割が操業再開

ベトナム中部海岸地方の一大商業都市:ダナンの観光事業界の70%は、コロナ禍の2つの波の乗り越えてに操業を再開している、という。

コロナ後の世界ー日本人観光客増の期待ー

このほど同市観光部門の副所長ビン氏は、日本協会が主催した「ダナン、中央ベトナムの遺産の融合、2021年の安全で素晴らしい目的地」と題されたダナン観光ウェビナーに出席し講演した。

同講演でビン氏は、同会合は日本の観光客や日本旅行業協会の提携において、ダナンとベトナム中部に関する情報を提供する機会であり、

「ダナン市は、文化、料理、エンターテインメント、MICE、ゴルフツーリズムの魅力的な地元の体験を楽しめるビーチのホットスポットでもあります。ベトナム中心部の都市や目的地への日本人観光客の流れを増やすことを望んでいる」と同氏は語っている。

また、ベトナム政府観光局・観光マーケティング部門副責任者であるブン・ナム氏は、2019年、日本から150万人の観光客を受け入れ、50万人のベトナム人旅行者が日本のツアーを予約し、2020年には両国間で200万人の観光客が見込まれれていたが、不幸にコロナ禍のため日本人観光客の訪問は停滞しているが、ダナン市の日本領事館のヤカベ・ヨシノリ Yakabe Yoshinori 領事は、「ダナン市はセキュリティ、交通、環境の面で安全であり、南シナ海への入り口にあたり、ベトナム、ラオス、ミャンマーを結ぶ東西経済回廊や南部の経済回廊との良好なつながりがあるため、日本の外交経済政策にとって重要である」と述べている。

コロナ後の世界、観光面で大きく伸びるダナン

ダナンはエコ・ツーリズムの拠点にもなれる

この12月、フエ、クアンナム、ダナンは、ベトナム中央海岸地域への旅行需要を高めるための共同観光振興プログラムを開発することに合意した、いう。いずれにせよ、ベトナムはコロナ禍の中にあっても、経済成長を実現し、東南アジア諸国では一人勝ちの感がある。観光面においても最も早く立ち直りつつある。コロナ後の世界でもベトナム、特に中部海岸地方のダナンが観光面で大きく伸びる可能性がある。

 

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP