ダナン-国際花火大会が間もなく開幕するに伴いホテル宿泊料が値上がり 

ベトナム

  観光情報

                           

2018年04月25日

ファン川の橋梁越しの花火は圧巻。

ベトナム中部の商工業の中心ダナンは、近年リゾート都市として脚光を浴び日本からの観光客も増えている。そのダナンの観光イベントで知られるが、、「ダナン国際花火大会2018(DIFF 2018)」4月29日(日)から6月30日(日)までの2か月間にわたり開かれるため、開催期間中の同市内のホテル宿泊料が通常時の2~3倍に高騰している。
開催期間中の1泊あたり宿泊料50万~210万VND(約2400~9900円)が、花火の打ち上げ日の4月30日、5月26日、6月2日、6月9日、6月30日には150万~500万VND(約7100円~2万3700円)となっている。さらに宿泊料プラス花火見物料を追加徴収するホテルや通常時の宿泊料を掲載する一方で花火の打ち上げ日の宿泊料を掲載していないホテルなども多い。花火大会のステージ正面に位置するブロッサム・シティ・ホテルでは、通常1泊200万VND(約9500円)の4人部屋が花火の打ち上げ日は500万VNDとなっている。日本でも連休値段、正月・お盆値段があるのと同様で、花火開催日のホテル宿泊にあたっては、注意が必要である。

ダナン・国際花火大会 2018 ポスター

ダナン国際花火大会 2018

 

Follow me!

インドシナ3国、タイ、ミャンマーへのご旅行をお考えの方は

New Sai Travel