チン州・ナマタン国立公園、注目の新観光地・ビクトリア山麓にホテルがオープン

ミャンマー

  観光情報

                           

2018年06月28日

ミャンマー最大規模の仏教聖地バガンから西へ車で5時間かけ、ビクトリア山麓のカンぺラに到る。チン州の最高峰ビクトリア山(地元名:Mt. Nat Ma Taung )は標高3,000mを超え、150種を超える野鳥や様々な花を咲かせる高山植物の宝庫、また付近には少数民族の集落が散在し、山岳トレッキングが人気となっている。

ビクトリア山(Mt. Nat Ma Taung )の山頂部ー画像:Wikipediaより

このほど、ビクトリア山登山の拠点であるカンペレにホテル「ウィンユニティホテル・カンペレ」(Win Unity Hotel Kanpetlet)がオープンしました。既に2017年にはホテル「フローラルブリーズ」も営業を開始しており、他にバンガロータイプの宿泊施設など外国人の宿泊可能な施設も増加しています。

ホテル「ウィンユニティホテル・カンペレ」 画像:WebサイトOTAA http://www.otoa.com/news_detail.php?code=33609 より

 

ビクトリア山は、ミャンマーで3番目の高峰を誇り、ナマタン国立公園に属しています。この国立公園は、ミャンマーがユネスコの世界自然遺産登録の優先候補とした地域で、近い将来に注目を集める観光地域です。以前は事前に入山許可を必要としたビクトリア山ですが、現在は外国人登山も自由化されています。山岳トレッキングで最も人気があるのは、散在する山岳民族の集落訪問で、独特の伝統文化を体験できるとのこと。山岳民族の中には女性は顔中に入墨を彫るなど独特の生活様式を守る民族もいます。 ビクトリア山は山頂までバイク登山が可能であり、中級程度のトレッキングで登ることができます。また、バガンからの地元ツアーですと2泊3日の行程を組んでいます。

 

 

Follow me!

インドシナ3国、タイ、ミャンマーへのご旅行をお考えの方は

New Sai Travel