ニューサイトラベルから最新・オリジナル旅2 世界遺産:サンボ―プレイクック

カンボジア

  お知らせ

                           

2018年10月18日

世界遺産:サンボープレイクック遺跡 

ラオス南部を発祥とするクメール民族が南下し、カンボジアの地で最初の王国(チェンラ王国、漢文資料では真臘ーしんろう―)の王都イシャナプラが、ここである。一般にサンボ―地区は寺院地区のみの見学に偏るが、その西に拡がる一辺2㌔の濠と城壁に囲まれた都城の存在はあまり知られてない。クメール古代帝国の独創的なプラン、都城・寺院地区・聖池という三点セットを現在確認できる遺跡では、アンコール王朝以前のクメール王朝ではここサンボ―が最古の遺跡(8世紀)である。

アンコール遺跡群、プレアヴィへヒア寺院遺跡、そしてここサンボ―プレイクック遺跡が、カンボジア第3の世界遺産である。

旅のお問合せ:㈱ニューサイトラベルサービス TEL 023-221-932  E-mai:saicam@online.com.kh

*参照:下記の①、②の文をクリックしてください。

① D.A.C.Travel  特選の旅 世界遺産:サンボ―・プレイクック No.1

② D.A.C.Travel 特選の旅 世界遺産:サンボ―・プレイクック No.2

Follow me!

インドシナ3国、タイ、ミャンマーへのご旅行をお考えの方は

New Sai Travel