ハノイは3月8日に宗教施設、文化施設を再開、ファイホンでは公共活動再開

ベトナム

  お知らせ

                           

2021年03月06日

ハノイの宗教施設、文化施設が3月8日に再開されます。
これは、新型コロナ感染第4波がが抑制された証です。ベトナムは新規感染者数が今週一桁台が続き、ハノイでも0が続いています。だが慎重なハノイ当局は、4日の会議で、新型コロナウイルスの拡散を防ぐために宗教活動を縮小し、オンラインで組織する必要があることも強調している。

首都:ハノイはコロナ禍第4波が1月27日から始まって以来、35人の感染が確認された。だが17日間、新規感染がない。

パンデミックは抑制されていますが、市は政府、市政党委員会、市人民委員会が定めた予防措置を厳守する必要があります。

保健省は予防措置、5Kメッセージ:khẩutrang (フェイスマスク)、khửkhuẩn  (消毒)、khoảngcách  (距離)、khôngtụtập  (集会なし)に対する一般の認識を高めるためるよう引き続き求めています。

ハイフォンの公共活動も再開された

3月4日午後6時から、お祭り、宗教活動、スポーツイベントが開催され、娯楽施設、美容施設、映画館、公共インターネットショップが再開した。市当局はまた、20人未満の人々の集まりを維持しながら、歯科医院、旅行代理店、ジム施設、公園の再開も許可した。市内のすべてのタクシーは運行が許可されていますが、予防措置によってその容量の半分しか運ぶことができていない。学校再開は3月8日から学校になる。

なお、第4波の猖獗地ハイズオン州に隣接する地域での監視グループを維持し発生地域を行き来する人々を厳重に監視しているとのことです。

*写真掲載 Vitnamnews.comより

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP