ハンガリーの外務大臣 カンボジアからタイに到着した後、陽性確認

カンボジア

  お知らせ

                           

2020年11月05日

4日(水曜日)、ハンガリーの外務貿易大臣は、公式訪問のためにタイに到着した後、新型コロナウイルス(COVID-19)の検査でについて陽性であると確認された、とタイとハンガリーの当局者が発表した。

タイのアヌティン・チャーンビラクル保健相は、ピーター・シジャルトと彼の12人の代表団が3日(火曜日)にカンボジアから到着した後に検査をおこなったが、同外務大臣だけが感染していることが判明したという。同外務大臣は、2回検査後、陽性が確認された4日の午後に治療のためタイBamrasnaradura感染症研究所に送られた。

先月の出発時やカンボジア入国時は陰性?

ハンガリーの代表団は、タイのプラユット・チャンオチャ首相を表敬訪問する予定であったが、取り止めとなった。ハンガリーの報道機関MTIは、ハンガリーの外務省の最高報道官の言葉を引用して、Szij同外務大臣が新型コロナウイルスに対して陽性であったことを確認したが、先月アジア・ツアーに出る前には陰性であったと付け加えている。

タイ到着時の陽性確認 不審がある

タイの前にカンボジアを訪問した際に検査が行われている(それとも陰性証明のみで外交官特権で検査免除されたのか?)はずだが、その感染経路自体については、明らかにされていない。カンボジアでは、公式では国内感染0で、外交団が利用する出入国ゲートは、一般客と区別されたVIPゲートを利用しているはずだが、今回のタイでの陽性確認、カンボジア側から見るに不審を抱かざるを得ない。

 

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP