バンコクのエアポートレールリンク、座席なし車両を導入か

タイ

  お知らせ

                           

2019年10月05日

バンコク市内スワンナプーム空港を結ぶエアポートレールリンク(Airport Rail Link)は、混雑緩和のための新たな取り組みとして座席なし車両の導入を検討しているようです。

国際線で降り立つお客には座席有りが快適なのだが…。どこでもエアポートリンクは首都の顔になるのだが。

それは、利用者からの意見募集を同社facebook上で車内のより広いスペースを確保するためとして、以下の2つのアイデアを提案しているからです。

1、座席なし

2、一部スペースは座席なし、残りは折りたたみ座席

現在、上記提案をもとに投票が行われているようです。

エアポートレールリンクによると、この座席の変更(座席なし車両導入)によって輸送能力は1日当たり少なくとも8,880人増加できるとのこと。

既にバンコクではMRT(地下鉄)BTS(スカイトレイン)でも部分的に座席の無い車両が導入されています。

Follow me!

インドシナ3国、タイ、ミャンマーへのご旅行をお考えの方は

New Sai Travel