バンコクのゴールドライン、12月16日に開業予定

タイ

  お知らせ

                           

2020年11月18日

先週、都市鉄道ブルーラインの昨年全面開通した西側延伸区間(全長15.9キロ)で、14日、ワチラロンコン国王による開通式が行われた。国王夫妻は式典後、延伸区間のサナームチャイ駅からラクソーン駅まで試乗した、と伝えられた。

ブルーラインの開業式に迎えられた国王夫妻

さらにゴムタイヤ式のバンコクの新交通システム、ゴールドライン(Gold Line)の試乗会は既にが行われており。同ラインの開業予定が12月16日になることも発表された。同線の開発を行うクルンテープ・タナコム社長の発言として地元メディアが報じている。

*ゴールドライン試乗会 動画:クルンテープ・タナコムより

開業日には、プラユット首相らが出席し開通式典を行うとのことである。

このゴールドラインは第一期区間として以下の3駅が開通。運賃は一律15バーツ(約50円)となっている。

☆ ゴールドライン

クルントンブリー駅 (Krung Thonburi Station)
↓↑
チャルンナコーン駅(アイコンサイアム) (Charoen Nakhon Station)
↓↑
クロンサーン駅 (Khlong San Station)

また、地元メディアによれば、BTS(スカイトレイン)スクンビット線の北部延伸区間の開通日も同じく12月16日になるとのこと。今回はパホンヨーティン59駅~クーコット駅間の7駅が新たに開業します。バンコク都内の移動、増々便利になります。

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP