バンコクの中華街に「インターコンチネンタルホテル」 2027年開業予定 

タイ

  観光情報

                           

2021年06月21日

タイの大手財閥TCCグループ傘下でホテル、商業施設などを開発所有するアセット・ワールド・コープ(AWC)は開発中のホテル3軒の運営をホテル大手の英インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG)に委託することで18日、契約に調印した。

運営を委託するのはバンコクの中華街ジャルーンクルン通りに開発する複合施設内のホテル2軒と東部パタヤ市のホテル1軒である。

なかでもバンコク中華街のホテルは2027年開業予定の「インターコンチネンタル・バンコク・チャイナタウン」というインターコンチネンタルのブランド名で客室数332のホテルと伝統的な4階建てショップハウスを改造した客室数63のブティックホテルになるという

またパタヤのホテルは、AWCが開発する商業施設「アクアティーク」内で2024年に開業する予定。客室数234を予定している。

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP