バンコクの飲食店、21日から午後11時まで店内営業可能に

タイ

  お知らせ

                           

2021年06月21日

タイ政府は21日から、新型コロナウイルスの感染状況が最も深刻な最高厳重管理地区に指定しているバンコク都、バンコク北郊のパトゥムタニ県とノンタブリ県、南郊のサムットプラカン県の4都県で、飲食店の店内営業を午後11時まで認める。席数は通常の50%まで認めるという。

これまでは店内営業が午後9時まで、席数が通常の25%までだったからすれば、業者にもバンコク都民にも朗報でようやくコロナ禍からの脱却が見えてきた感がある。

なお、最高厳重管理地区として東部チョンブリ県、チャチュンサオ県、中部サラブリ県、南部ソンクラー県など厳重管理地区の11県、東部ラヨン県、中部アユタヤ県など管理地区の9県では飲食店での酒の提供禁止を継続する。またタイ全土での娯楽施設、パブ、バー、カラオケ店の営業禁止は継続する。

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP