バンコク・エアウェイズ、バンコク~ニャチャン線に19年1月より就航

タイ

  お知らせ

                           

2018年12月05日

来年1月25日より、バンコクーカムラン(ニャチャン)路線に就航

ニャチャンビーチ 画像:Web旅行サイトより。

タイのバンコク・エアウェイズ(Bangkok Airways)は、バンコク(スワンナプーム国際空港)と南中部沿岸地方ニャチャン市(カムラン国際空港)を結ぶ直行便を2019年1月25日から就航する。定期直行便として同路線に就航するのはバンコク・エアウェイズが初めてである。

◇ バンコク-カムラン路線 タイムテーブル

便名PG993 バンコク発10:20-カムラン着12:05 運航曜日:月・水・金・日

便名PG994 カムラン発12:55-バンコク着14:40 運航曜日:月・水・金・日

ベトナム随一の人気ビーチ ニャチャン ベトナム人行楽客や欧米系リゾート客でにぎあう。近郊にはチャンパの古代遺跡がある。

既にバンコクーダナン線、バンコクーフーコク島線、チェンマイ-ハノイ線を運行中

バンコク・エアウェイズは2016年5月にバンコクと南中部沿岸地方ダナンを結ぶ路線を就航し、2017年2月に週4便からデイリー運航へと増便した。また、2017年10月にはバンコクとメコンデルタ地方フーコック島を結ぶ路線を、2018年3月にはチェンマイとハノイを結ぶ路線にそれぞれ就航している。

バンコクエアウエイズ、格安航空とは一線を画す値段とサービス

バンコク・エア・ウェイズのカラフルで楽しい機体塗装、人気がある。 画像:同社のHPより

1998年、最初にアンコール遺跡群の玄関口:シェムリアップ空港の乗り入れた外国の航空会社は、バンコクエア・エアウェイズであった。その後バンコクと西安広島を結ぶなどリゾート路線に加えて世界遺産路線で評判が立った航空会社。所謂、格安航空と比べて値段は高めだが、タイ航空より低めに価格を抑え、空港ラウンジ利用や機内サービスに力を入れ、機体にカラフルな観光地のデザインをいち早く取り入れている中堅航空会社で人気がある。ここ数年、観光人気の高まるベトナムに次々と新たな路線を開設している。

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP