バンコク近郊水産市場の大規模クラスター感染、23都・県に拡大 累計感染者1300人超

タイ

  お知らせ

                           

2020年12月24日

プラユット政権:ミャンマー人不法入国感染源を触れたことで

反ミャンマー人感情が高まる

タイのバンコク近郊の水産市場の大規模クラスター発生は、タイ国民の懸念するように、増加と拡大傾向にあり、サムットサコン県の水産市場の感染では、感染者の大半がミャンマー人出稼ぎ労働者で、プラユット政権が感染源は不法入国のミャンマー人であると非難したことで、歴史的に残る反ミャンマー感情が高まっている。

タイ保健省は23日、バンコク都近郊サムットサコン県の水産市場近くで働くミャンマー人労働者の感染源とみられる新型コロナウイルスの感染者がサムットサコン県以外にバンコクなど22都県に拡大した、と発表した。17日から23日までに確認された感染者はサムットサコン県累計1278人、バンコク都16人、その他22州で感染者が拡大する事態となり、累計1343人となった。

バンコク都庁、サムットサコン県内は来年1月3日まで休校措置

また、感染が確認されたバンコク都やその他の県は様々な対策をとっている。サムットサコン県は19日から市場、娯楽施設などを閉鎖、夜間の外出を事実上禁止するなど、都市封鎖(ロックダウン)に踏み切っており、バンコク都庁は23日、都が管轄する学校437校を12月24日から1月3日まで休校すると発表した。発生地のサムットサコン県はもちろん他県も感染状況に応じて学校休校に踏み切るところもある。

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP