フーコック島、「眠れない街」がオープン、人気を集める

ベトナム

  観光情報

                           

2021年05月23日

フーコック島にあるエンターテインメント施設であるビングループのフーコックユナイテッドセンターは、4月21日に正式にオープンし、「眠らない街」として夜間の経済発展の多くの機会をもたらすことを期待されている。既に多くの国内観光客の期待をあつめているようだ。

フーコック島行政長官であるフイン・クアン・フン委員長は、「フーコックへの訪問者数は毎年25〜30%増加し、2021年には主に国内観光客である300万人の訪問者を迎えると予想されている」と彼は述べ、「真新しいスーパーエンターテインメントコンプレックスは、フーコックの観光開発者にとって重要な役割を果たしています」とその期待を膨らませている。

オープンした「フーコックユナイテッドセンター」での5つのベトナム初がある。

フーコックユナイテッドセンターは、ベトナム記録協会によって認められた5つの全国記録を保持している。すなわち、多様な娯楽とリゾートの形態を備えた最大の複合施設最大の竹の建造物最初のテディベア博物館、ベトナムの歴史的参照が最も多い3Dマルチメディアショーです。ヨーロッパの文化に触発されながらベトナムの伝統と融合されたものでいずれもベトナム初である。

例えば、「バンブーレジェンド」と名付けられ、有名なベトナムの建築家ヴォ・チョン・ギアによって設計されたベトナム最大の竹の建造物は、東南アジアの伝統的でユニークな共同住宅に触発された湾曲したアーチを持つ32,000本以上の竹の木から作られている。

毎日午後6時から午前6時まで営業しているNightZone68は、夜の経済複合施設で開発された最初のモデルです。

「ここの夜の経済は、他の都市部の夜の街とはまったく異なる「眠れない街」の一例です」と彼は詳しく説明しました。

また、センター内は毎日午後6時から午前6時まで営業しているNightZone68は、夜の経済複合施設で開発された最初のモデルです。ここの夜の経済は、他の都市部の夜の街とはまったく異なる「眠れない街」の一例です」という。歩行者通り-ナイトマーケットには、食料品、お土産、特産品、地元の製品、旅行用品、ファッションアイテムを販売する134の屋台があります。

コロナ後の旅、リゾートの島として近年知られ、海峡を渡る世界最長のロープウエイやビングループの娯楽複合施設に新たな眠らない街の出現は内外の観光客を集めるに違いない。

 

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP