フーコック島、郡から市に格上げか―ベトナム発の「島市」に―

ベトナム

  お知らせ

                           

2019年04月18日

フーコック島 海峡を渡る世界最長のロープウエイ。 画像:Webサイトより

タイ湾に面するキエンザン省3番目の市に昇格か

このほど、ベトナム南部のタイランド湾に浮かぶ国内最大の島であるフーコック島と周辺の諸島から成るフーコック島郡(Huyen dao Phu Quoc)を同島が属するキエンザン省は市に格上げする案を政府に提出した。フーコック市が成立すれば、ラックザー市とハーティエン市に続く同省内3番目の市となる。

ベトナム初の「島市」へ

次々と大型リゾートホテルが立地するフーコック島。 画像:ビンパール・フーコック・リゾート&ゴルフ

フーコック島郡は面積589km2余りでベトナム最大の島、人口12万7709人で、本土のラックザー市から約120km離れたところに位置する。フーコック島郡が市になれば、行政区画は8の街区と1つの村の計9区画となる。
フーコック島は、国家的なプロジェクトでリゾート観光の島と位置づけらており、今回の動きは、フーコック島を国内初の「島市」に発展させることで国際リゾート地として認知度を高めたい狙いがあるようだ。ここ1年、新たな観光情報が次々とアップされているフーコック島、市への昇格で一段と観光リゾート化が進むであろう。

Follow me!

インドシナ3国、タイ、ミャンマーへのご旅行をお考えの方は

New Sai Travel