プノンペン国際空港、発着便増加で駐機場を増設

カンボジア

  お知らせ

                           

2019年11月13日

11月8日(金)、プノンペン国際空港では、増加する発着便に対応するため、駐機場12箇所を増設した、という。

エプロンBと呼ばれる駐機場の増設で、プノンペン国際空港の駐機場は35箇所となり、国内の全ての国際空港を管理するカンボジア・エアポート社によると、年末までにさらに7箇所の駐機場が増設される見込みだ、という。駐機場の増設は今年2月から開始され、総工費は800万ドル(約8億7000万円)費やしたといい、カン同社のCEOであるAlain Brun氏は増設された駐機場が商用運航便ではなく、定期運行をしていないバサッカ航空などが長時間にわたり駐機するために使用されると述べた。

今年末まで乗客数600万人を見込んで整備を進める

また、「プノンペン国際空港では今年末までに乗客数が600万人に到達することが予想されており、新たな目標を設定しなくてはならない。」ともBrun氏は述べた。

 

 

Follow me!

インドシナ3国、タイ、ミャンマーへのご旅行をお考えの方は

New Sai Travel