ベトジェット、フーコック~ソウル線を12月22日就航へ

ベトナム

  お知らせ

                           

2018年10月29日

路線拡大を続けるベトジェット、今度はフーコック島ーソウル線の新設を目指す。

ベトナムの格安航空会社(LCC)ベトジェット(Vietjet Air)は、タイ湾のフーコック島と韓国のソウルを結ぶ新路線を12月22日から就航することになった。

元気なベトジェット 今度はフーコック島とソウルを結ぶ

フーコック島-ソウル線、デイリー運航 飛行時間は約5時間30分

◇フーコック発15:30ーソウル着22時45分 いずれも現地時間

◇ソウル発01時45分ーフーコック着5時35分 いずれも現地時間

拡大路線のベトジェットだが、撤退も早い

昨年11月22日に新規就航したベトジェットのホーチミンーフプノンペン路線だが、既に運航されていない。就航当初、派手なプロモーションが行われていたが、不採算路線となっているのか、就航1年を待たず、10月現在、運航休止となっている。

Follow me!

インドシナ3国、タイ、ミャンマーへのご旅行をお考えの方は

New Sai Travel