ベトジェットエア、2020年は大幅減益でも黒字を確保

ベトナム

  お知らせ

                           

2021年02月06日

このほど格安航空会社LCCのベトジェットエア(Vietjet Air)は2020年通期決算を発表した。売上高・利益共に2019年比で大幅減となったものの、税引き後純利益700億ドン(約3億1800万円)を確保し黒字を達成した、という。コロナ禍のなかでの黒字達成は見事なものである。

第4四半期での利益は9950億ドン(約45億1500万円)となり、他国に比べ国内線市場が堅調だったことに加え、ヨーロッパやアメリカ向けの航空貨物需要をうまく取り込んだことで前年同期比では増益になったという。だが、同社の2020年の売上高は前年比64%減の18兆2000億ドン(825億8600万円)。また、昨年1年間の運航本数は78,462便で、2019年の139,000便から44%減となっており、世界のパンデミックが終息しないと本格的な利益増に結びつかない現状は他の航空会社と同じである。。

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP