ベトナム初のゴルフ観光協会が設立

ベトナム

  お知らせ

                           

2019年04月12日

3月末に開催された「第7回ベトナム国際観光フェア・ハノイ2019(VITM Hanoi 2019)」のおいて、「ベトナムゴルフ観光協会」がベトナムゴルフ観光協会はベトナム観光協会の新たな傘下協会となった。

日系旅行会社紹介のベトナム・ゴルフ場 画像:Webサイトより

立ち遅れたゴルフツーリズム

ベトナム観光総局のゴ・ホアイ・チュン副局長は、ゴルフツーリズムによる収入は多くの国・地域において観光収入全体の中で大きな割合を占めているとし、この割合はモーリシャスで9%、メキシコで3.46%、タイで3.04%、マレーシアで1.91%との例を挙げている。

ベトナム観光総局チュン副局長によると、ベトナムはゴルフツーリズム開発に向けた多くの条件が整っている。しかし、ベトナムでのゴルフツーリズム開発はまだ初期段階にあり、全国のゴルフ場は32か所のみと、インドネシアの152か所マレーシアの230か所、タイの300か所に遠く及ばない。2018年には1500万人以上の外国人観光客がベトナムを訪れたが、このうちゴルフを目的とした訪問はわずか0.8%を占めるに過ぎないと推定され、マレーシアの2%、タイの9%を下回っているというのが現状である。

 協会発足は、ゴルフツーリズムの先ずは第一歩

ここ数年のベトナム観光への人気沸騰は、ゴルフツーリズムの飛躍につながることは間違いなく、今回のゴルフ観光協会の発足は、立ち遅れたゴルフツーリズムへの先ずは第一歩というところである。

*掲載画像:ハノイ近郊のフェニックス・ゴルフ・リゾート Webサイトより。

Follow me!

インドシナ3国、タイ、ミャンマーへのご旅行をお考えの方は

New Sai Travel