ベトナム国民もワクチン基金の寄付活動に参加

ベトナム

  お知らせ

                           

2021年06月11日

ベトナムは中国のコロナワクチン無償提供に色気を示さず、日本と同じに米国や欧州のワクチン使用に取り組んでいる。

このほどベトナム政府は年内までに人口の70%にあたる1億5000万回分(7500万人)のワクチン接種を目標に約1100億円の資金が必要と見積もり、様々な活動を行なっている。今までは国家予算など政府のお金のみで対応していたが、企業や一般市民からも寄付を募る為、基金を設立した。
この基金で集められた資金は、海外からのワクチン購入と国内ワクチンの製造•生産に充てられます。
基金が開設し約2週間で約360億円の寄付が集まっています。

寄付は銀行で振り込むことも可能だが、アプリを使い金額はいくらからでも寄付が出来るというものです。この点で、誰でも気軽に寄付ができるようになっています。きっとベトナム国民は、政府の意向を支持していますから、基金設立には協力的でしょう。

国内人気の高いバーチャルマラソンも活用し寄金集め

更にマラソンが人気のベトナムでは、年に数回ベトナム国内の様々な地域でマラソン大会を開催している企業が、”Run for vaccine ” ワクチンの為に走ろう と題し、バーチャルマラソン大会を開催している。その内容はアプリを使い目標距離を選択し、21日以内に達成するというもの。参加費はワクチン基金に寄付され、完走すると電子メダルと電子証明書を受け取ります。これもアイディアですね。

ベトナム国内で3月から始まったワクチン接種は今までに120万人以上が終えています。年内の目標人数達成の為、国民も一丸となってワクチン接種を支援していこうとしています。

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP