ベトナム最北部カオヴァン省で今月3度目の地震、ハノイでも揺れ観測

ベトナム

  お知らせ

                           

2019年11月29日

11月28日午前6時49分、東北部地方カオヴァン省チュンカイン郡(huyen Trung Khanh)で今月3度目となる地震が発生し、ハノイ市でも揺れが確認された。

ベトナム最北部 カオヴァン省の位置 画像:Wikipediaより。

ベトナム科学技術研究所傘下の地球物理研究所地震津波警報センターによると、震源は同郡フォンチャウ村(xa Phong Chau)で、地震の規模はマグニチュード4.7、震源の深さは約10kmとされている。震源の浅さから直下型地震と思われる。

地元メディアは、同地区に住んでいる男性Kさんは、自宅の後ろにあるサリン山(nui Sa Lin)から何か大きな音がしたと思って外に出たところ、大きな岩が転がりながら落下してくるのを目撃したという。
震源から約300km離れているハノイ市でも高層マンションの住人らが揺れを感じたと語っている。カウザイ区にあるマンションの17階に住んでいる男性Pさんは、家の中もののがガタガタと震えているのを見たとのこと。

 今月3度目、大きな地震の予兆か、それとも余震か

なお、カオバン省チュンカイン郡では11月25日にも8時18分と10時56分に連続して地震が発生。地震の規模は1度目がマグニチュード5.4(震源の深さ約14km)、2度目がマグニチュード3.8(同約10km)だった。同日には昼過ぎに中国・広西省でもマグニチュード2.8の地震を観測。
これに先立ち、11月21日午前6時50分にはタイとラオスの国境付近でマグニチュード6.1の地震が発生。この影響により、ベトナムでも多くの地域で僅かな揺れが観測されている。

2005年8月10日、有史以来初めての地震 ホーチミン 画像:yahoo.blog より

*最上段の画像:カオヴァン省の名勝:バンゾックの滝、周囲の峩々とした山々は石灰岩地形の特色を示す。 画像:Wikipedeaより。

*参照:下記の文①をクリックしてください。

 

① 11月21日 ラオス・タイ国境付近 M6.1の地震 建物被害も バンコク、ハノイでも揺れを観測

Follow me!

インドシナ3国、タイ、ミャンマーへのご旅行をお考えの方は

New Sai Travel