ベトナム航空当局 2021年段階的に再開する

ベトナム

  お知らせ

                           

2021年07月01日

コロナ禍によって、世界の航空セクターの総収入は3,270億米ドル減少し、顧客数は60%減少した、とベトナム民間航空局(CAAV)は運輸省に送られた最近の報告書で述べている。

国境規制の影響を受けて、多くの航空会社がベトナムからの撤退を選択し、現在、ベトナム発着のフライトを運航している国際航空会社は30社にとどまっています。 

これらに航空会社のインバウンドの大部分は、貨物、外国の専門家、外交官、専門家、投資家、熟練労働者、学生向けですが、 2020年3月から実施されている規制のためベトナムへの訪問者は、来たベトナムのCOVID-19国境管理命令で規定されているように入国できません。外国人観光客の不在に加えて、最近のピーク需要シーズンに国を襲った発生は、航空業界に大きな打撃を与えました。 

全てはワクチン接種の普及次第

しかし、ベトナム民間航空局(CAAV)は、今年、特に東南アジアの国と世界がワクチンの展開を加速する今年の後半に、ベトナムの航空産業の回復について楽観的である。東アジアやヨーロッパなどのベトナム観光の主要市場における集団免疫に向けた前向きな進展も、今年後半にベトナムとの間の国際旅行の再開への希望を強めています。ベトナムの航空セクターは今年の第3四半期半ばに回復すると予測されており、ベトナムの空港への訪問者は7000万人を超えると予測している。

先ずはフーコック島の外国人観光客への開放 

 既にタイ湾のフーコック島はパイロットプログラムを実施するために選ばれました。このプログラムは、韓国や台湾などの他の国や地域からの潜在的な海外からの訪問者を受け入れる前に、ロシアからの旅行者を歓迎し始めます。そのためには、島民にどの程度ワクチン接種がいきわたるかにかかっている。観光立国タイでプーケット・モデルが始まったが、期待をもって見ているのはベトナムの観光業界だが、慎重な政府はそれを注視ているというのが現段階である。タイの次にベトナムであるのは間違いない。

ベトナムは、3月8日に接種を開始して以来、3,497,104回のCOVID-19ワクチン接種を実施しました。

既に172,000人以上が2回接種を完了した。

掲載写真:イメージ 画像:https://tuoitrenews.vn/news/より

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP