ホーチミン市 23日より検疫所・検問所62か所の稼働を停止

ベトナム

  お知らせ

                           

2020年04月25日

ベトナム政府は新型コロナウイルス感染の予防策として厳しい「社会的隔離政策」を敷いていたが、23日より段階的に緩和する政策に移行した。それに沿ってホーチミン市当局は、4月3日から続いていた隔離措置の厳しさの象徴でもあった市内各所に設置していた検疫所・検問所を23日15時より、その稼働を停止した。

 市民の緊張感を和らげる

社会的隔離政策によって、市内の出入り口となる橋・道路・バスターミナル・空港・港などには市当局が管理する16か所の検疫所・検問所が、また他の市内各所には区・郡の当局が管理する46か所の検疫所・検問所が設置されていたが、その稼働停止は、市民の緊張感を和らげている。これは、ある程度、新型コロナ感染の拡大を抑え込んできた、というベトナム政府の自信の現れであろう。

*掲載画像 ベトナム国内メディアより

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP