ミャンマー、国際旅客便の乗り入れ禁止 3月31日ー4月13日

ミャンマー

  お知らせ

                           

2020年04月03日

既にミャンマー政府は、到着ビザの発給を全面的に禁止しているが、それに伴い同政府は3月29日、新型コロナウイルス肺炎(COVID-19)の感染注入を防ぐために、31日から4月13日までの2週間、国際旅客便の着陸を禁止する、を発表した。

民間航空当局によると、以前に許可したすべての着陸許可も一時停止するという。ただし、救援、貨物、医療避難飛行、特別に承認された飛行には適用されない、とのこと。
なお、在ミャンマー日本大使館は関係当局と調整を図り、禁止措置が施行された後も東京・ヤンゴン間の直行便の運航の許可求めている、という。

2019年10月の時点、3000人以上の日本人がミャンマーに在住し、日本企業の数は増えているという。

3月29日時点で国内感染者は8人に、7人は海外渡航歴

ミャンマーでは23日にCOVID-19の初感染が確認されて以来、29日までに8人の感染が確認されている。そのうちの7人は海外渡航歴のある人だった。同政府は国内で感染が確認される前から、集会やイベントなどを禁止したり、学校等を閉鎖したりと対策を講じ、国境での水際対策も実施中である。

2週間の禁止だが、世界の感染パンデミック状況から期間延長の公算が大である。

*掲載画像:ヤンゴン空港での入国管理だが、3月は人もまばらになっている。 画像:Web サイトより。

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP