ミャンマー祭り 2018 6月30日(土)、7月1日(日)に東京都芝・増上寺で開催

ミャンマー

  観光情報

                           

2018年05月02日

動画:ミャンマー祭り 2016

今年のミャンマー祭りは、東京都芝公園の増上寺境内で6月30日、7月1日の2日間、開催されます。「リアルなミャンマーに出会える」というこのイベント、ミャンマーに関するものでは日本国内では最大規模のものです。

公式Webサイトでは、「ミャンマー祭り」について下記のようにその趣旨を記載しています。

2013年、日緬国交60周年の前年のこと。それまでは個々にミャンマーへ支援や交流活動をしてきた2つの団体がミャンマー大使館とともに第1回「ミャンマー祭り」を開催しました。 その後、回を重ねるごとに規模は大きくなり、2016年の第4回では雨模様の天候にもかかわらず4万人を超える来場者を迎えるまでになりました。

ミャンマー祭りは、“リアルなミャンマーを紹介する”をコンセプトに、日本の皆様に「ミャンマーという国を知って頂く」機会を提供してまいりました。ではなぜリアルなミャンマーを日本の皆様に紹介する必要があるのか。それは、当団体のもうひとつの目的である「寺子屋支援」につながっています。ミャンマーでは基本的な教育制度を補完する役割として、寄付をベースにした寺子屋という文化が存在します。当団体はこの寺子屋の支援を推進しております。

ミャンマー祭りという場を通してミャンマーという国を知って頂き、日本とは違う環境、常識があることを感じて頂く。そしてその中の一部の方でも、遠く異国の子供たちを支援しようと考えるきっかけとなってほしい。そんなことを考えております。

第4回目の開催で念願の寺子屋建設費寄付が実現し、 本年12月にはバゴー管区バゴー市にレンガ、コンクリート2階寺子屋が完成する予定です。

また、今回のミャンマー祭りでは、スペシャルプログラムとして実施される「日本・ミャンマー交流写真展」の出展作品を募集していす。

今回5回目を迎えるこの写真展では、ミャンマーの魅力あふれる風景や、人びとの暮らし、旅先での写真などを募集している。審査委員長は、一般社団法人ミャンマー祭り代表理事、NPO法人メコン総合研究所理事で写真家の関口照生氏が中心となり、受賞者を選定。大賞受賞者には賞金10万円を贈呈し、入賞作品は「ミャンマー祭り2018」会場にて発表・展示する。

作品のエントリーは5月20日(日)まで(当日消印有効)。

「ミャンマー祭り 2018」及び「日本・ミャンマー交流写真展」の詳細及びお問合せは、下記のWebサイトへ。

http://www.myanmarfestival.org/

 

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP