ミャンマー:中国との観光客の往来禁止か、新型肺炎拡大を受けて

ミャンマー

  お知らせ

                           

2020年02月23日

既に2月1日、中国人の到着ビザ発行停止

18日付地元メディア:ミャンマータイムズ紙などが報じるところによれば、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ措置として、ミャンマー政府は、「中国との観光客の往来を一時的に禁止する」ことを検討している、という。ミャンマーは中国人に対して到着ビザの発給を行っていたが、新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない事態を受け、既に2月1日にこれを停止していた。

現在、ミャンマーを訪れる中国人は事前に中国のミャンマー大使館でのビザ取得が必要で、その際、新型コロナウイルスに感染していない医学的な証明書と、ミャンマー入国日の14日間前までに湖北省への渡航歴がないことの証明書の提出が義務付けられている。

また、ミャンマーと中国間に就航する各航空会社も運航停止措置を講じている。これらの処置によって、ミャンマーを訪れる中国人観光客は大幅に減少しているが、新たに、ホテル観光省は観光客の中国との往来禁止を提案しているという。

ミャンマー観光連盟のKhin Aung Tun副会長は、「万が一ミャンマーで新型コロナウイルスの感染が拡大したら、中国人だけでなく世界中の観光客がミャンマーを訪れなくなる」と懸念を示し、中国との観光客往来禁止の措置に賛成を表明している。

 

 

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel