ミャンマー 1か月で感染者14倍に 野党は総選挙の延長を主張

ミャンマー

  お知らせ

                           

2020年10月09日

新型コロナ感染第2波が拡大中

10月8日、NHKニュースが、「ミャンマーでは、1か月で感染者14倍に」と報じています。

医療システムがぜい弱なミャンマーでは、8月中旬から新型コロナウイルスの感染者が急激に増えて、7日の時点で感染者数は2万1433人となり、この1か月で14倍に増えました。当初は、バングラディシュと国境を接し、インド洋に面するラカイン州で新型コロナウイルス感染がミャンマー第1の商業都市ヤンゴンにも拡がり、一部地域にロックダウンが起こるなど、当局は感染抑制に腐心しています。

コロナ感染第2波拡大中でも、総選挙の日程に変更なし 野党は延長を主張

こうした中、1か月後には5年に1度の総選挙(11月8日に総選挙)が予定されているが、多くの地域で選挙運動ができない状態となっていて、野党からは選挙の延期を求める声も出ている。今回の選挙では、前回の選挙で圧勝し、軍主導の政権を終わらせたアウン・サン・スー・チー氏率いる与党が、過半数の議席を維持するかどうかが焦点となっています。

新型コロナ第2波でミャンマー政府は多くの地域で厳しい外出制限をかけており、各政党は街頭での選挙運動ができない状態が続いている。こうした状況を受けて、野党や新党など20を超える政党は選挙管理委員会に選挙の延期を求めていますが、政府は予定通り選挙を実施する姿勢を変えていない。

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP