ヤンゴン空港、今年の利用者400万人達成 8月28日発表

ミャンマー

  お知らせ

                           

2018年09月04日

ヤンゴン国際空港 画像:Webサイトより

8月28日、ミャンマー国営紙が、ミャンマー旧首都ヤンゴンのヤンゴン国際空港(YIA)の2018年の利用者が400万人に達したと報じている。

2018年、ヤンゴン空港400万人目の歓迎式典

ヤンゴン国際空港は、年間利用者2,000万人の受け入れ能力を持ち、17年の利用者は前年比8.5%増の592万人で、うち66%は国際線(約391万人)、34%が国内線の旅客だったので、ヤンゴン空港の利用者推移を昨年度と比較するに今年度、ミャンマーへの外国人訪問客の増加は間違いない。

ミャンマー・ナショナル航空 主に国内線で活躍。画像:Webサイトより

ミャンマーへ日本人渡航者は国別3位だが、まだまだ…

日本からヤンゴン直行便はいち早くANAが乗り入れている。成田空港。画像:Webサイト

ミャンマーのホテル・観光省によると、2018年1~7月に空路もしくは海路で入国した外国人旅行者は、前年同期比2%増の77万7,393人だった。国別の訪問者数ではタイが最も多かった。 内訳では、タイは16%増の17万5,095人、中国が34%増の15万3,707人。3位の日本は微増の5万6,800人でタイや中国から大きく水を空けられている。

10月から日本・韓国の観光ビザは免除へ

10月から試験的に日本・韓国から訪問客は観光ビザが免除になる予定、これが呼び水になって両国からの渡航者増が期待されている。

*参照:下記の①の文をクリックしてください。

① 朗報!10月から、ミャンマーの観光ビザが免除 6月19日投稿記事

② お勧め ミャンマーの旅をお考えの方へ 観光省制作Video 2018年5月5日投稿記事

 

Follow me!

インドシナ3国、タイ、ミャンマーへのご旅行をお考えの方は

New Sai Travel