ラオス中国鉄道、ビジネスクラスを導入 ビエンチャン~ルアンパバーン間・約6000円

ラオス

  観光情報

                           

2022年04月10日

久方にラオスからの旅のニュースです。

ラオス=中国鉄道(Laos-China Railway)は、新たにビジネスクラスを導入しました。運行は、4月12日からの水かけ祭り(お正月)期間中に開始すると発表した。

同鉄道3両編成で車両は4月9日夜にビエンチャンに到着。8両目がビジネスクラス車両となり計18席とのこと。座席はフルフラットシートでコンセントや読書灯なども完備しているという。

運賃はビエンチャンから世界遺産の古都:ルアンパバーンまでが片道585,000キープ(約6,100円)中国国境のボーテンまでだと999,000キープ(約10,500円)となっている。

ラオス観光でのご利用に便利な鉄道でそれぞれビエンチャンから料金は、下記の通りです。

ビジネスクラス運賃(ビエンチャン駅発
バンビエン駅 302,000キープ(168元)
ルアンパバーン駅 585,000キープ(325元)
ムアンサイ駅 828,000キープ(460元)
ボーテン駅 999,000キープ(550元)

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP