ラマダン月のテロについての注意喚起 外務省海外安全ホームページ 最新情報

カンボジア

  お知らせ

                           

2018年05月08日

イスラム(ムスリム)教徒の重要行事、他宗教へ畏敬の念は、海外旅行、滞在では常識に属します。

海外旅行者、海外在住者に向けて日本の外務省から次のような注意喚起が出ています

インド・タージマハールでのラマダン行事。写真:Webサイトより。

5月15日(火)頃から6月17日(日)頃は,イスラム教のラマダン月及びラマダン明けの祭り(イード)に当たります。
近年,ラマダン月及びその前後に世界中で多くのテロ事件が発生しています。
最新情報の入手に努め,テロの標的となりやすい場所を訪れる際には,安全確保に十分注意を払ってください。情報収集には「たびレジ」を活用してください。

在住(滞在)届をその国の日本大使館に提出している方には、大使館より国別安全情報が配信されています。

詳細は以下のリンク先をご確認ください。
(PC)==> https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2018C069.html

出発前には海外安全ホームページをチェック!
https://www.anzen.mofa.go.jp/

上記の外務省よりの注意喚起は、「「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

テロの危険度や安全性は、国や地域によって大きく異なります。が、海外旅行前や海外に滞在する方は、上掲のWebサイトへ1度はアクセスし、それぞれの国情を知ることは必須だと思います。

この「お知らせ」は、便宜上カテゴリーを「カンボジア」にしていますが、全ての国、地域向けです。

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP