ロックダウンのホーチミン市 偽配達員が出回る

ベトナム

  お知らせ

                           

2021年07月28日

外出や規制のがれの偽の制服を着る者が出回る

ホーチミン市—市は、ロックダウン中で、街の通りに出かけるための変装して多くの人々が偽の制服を着ているのが発見された後、偽の配達の男性と女性を取り締まり始めた。上に規制があれば、下に対策在り、カンボジアのプノンペンもロックダウン時も同じであった。偽配達員、偽景観、軍の特権利用、偽救急車などなどである。

ホーチミン市人民委員会の副委員長:Dương AnhĐứcは、道路上の車両の3分の2がモバイルアプリの配達人であると述べました。最近、市内の検問所の民兵や交通警察は、外出の口実として配達用シャツを着た多くの人々がいる。

市の運輸省は、運輸および配達サービスに関する特定の規制を推奨していると、運輸省の局長:

Trần Quang Lâm氏は述べています。

市は、ドライバーに必須のアイテム(食品、医療機器、医薬品)のみを配達するように要求し、商品がこのカテゴリーに該当しない場合、それらを拒否する権利を有るはずである。さらに、「偽の荷送人」および必須ではない商品を運ぶ配達人の検査と取り扱いが強化するという。

警察は、配達員に検査のための請求書を提供するように依頼する権利を有る。市党委員会の副書記であるファン・ヴァン・マイ氏は、今後2週間で、市は社会的距離の秩序が厳密に守られるようにパトロール部隊を配備すると述べた。

市当局 外出禁止令を強化

日曜日に開催された会議の後、市は午後6時から午前6時までの外出を禁止することを決定しました。

市の議長:グエン・タン・フォン氏は会議で、「救急医療またはパンデミック・ファイト作戦を除いて、すべての活動を停止しなければならないだろう」と述べた。

ホーチミン市は、17日間の社会的距離の規制や外出禁止令にもかかわらず、毎日数千人の新しいCOVID-19患者を記録しています。

*掲載画像:イメージ 画像:Vietnam News

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP