世界遺産のホイアン、博物館など5か所で音声ガイド導入―日本語も可

ベトナム

  お知らせ

                           

2018年11月30日

世界遺産の古い街並みや来遠橋(通称;日本橋)で知られるホイアン、同市のホイアン文化遺産保存管理センターとベトファップ貿易促進社(Viet Phap Trade Promotion)は、この19日に同市のホイアン民俗文化博物館など5か所に観光客向けの6か国語の自動音声ガイドシステムを導入した。

ホイアンには、戦争以前の古き佳きベトナムが残っている。
夕暮れからランタンに灯がともされ、ホイアン旧市街はいっそう艶やかになる。

主要観光施設、博物館に音声ガイド(6か国語対応)

来遠橋(通称:日本橋)、17世紀前半、かつての日本町は橋を渡った西側にあった。現在の橋は、18世紀に再建、改装されたものである。

音声ガイドシステムを導入したのは、◇来遠橋(日本橋)、◇貿易陶磁博物館(海のシルクロード博物館)、◇サーフィン文化博物館、◇ホイアン博物館の4か所。対応言語は、◇ベトナム語、◇英語、◇フランス語、◇日本語、◇韓国語、◇中国語の6か国語となっている。音声ガイドを利用する際には、解説を聴きたい遺跡や遺物の番号を押すだけでよい。同システムを利用することで、ホイアンを訪れる人々に同市の歴史や文化の理解を深める一助になると期待されている。

参照:「ホイアンの旅」なら下記の①~④の文をクリックしてください。特に①はホイアンに関するお勧め記事、②の地図は、本邦初公開のホイアン最新詳細地図で街歩きならこれです。

① ぶらり旅4 夕暮れのホイアン ことさらに美しく艶やか

② 人気のホイアン街歩き、てくてくマップならこれ!2018年最新版

③ 2018-19年「ホイアン・ランタン」祭りの開催日程

④ 人気沸騰、ホイアン観光 上半期7割増

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel