世界遺産ミーソン遺跡 入場料半額に ホイアン旧市街も観光客の受入を始める

ベトナム

  観光情報

                           

2020年05月27日

コロナ感染を見事に抑え込んでいるベトナム、今月に入り厳しい社会的隔離措置を徐々に解除している。

先ずは国内旅行への需要喚起

このほど、南中部沿岸地方クアンナム省にある世界文化遺産:ミーソン遺跡を管理するミーソン文化遺跡管理委員会は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で大きな打撃を受けた観光の需要刺激策として、6月1日から9月1日までミーソン遺跡の入場料を引き下げると発表した、と地元メディアが伝えている。

3人以上の団体客に対して入場料の合計から30%割引。また、地元クアンナム省に戸籍を持つ団体客に対しては50%割引キャンペーンを実施する。

また、学生団体客は入場料の合計から50%割引となるが、1人3万VND(約140円)のサービス料を支払わなければならない。また、16歳未満の学生は入場無料となる。さらに10人以上の団体客にはガイド1人を無料で手配する。さらに、ミーソン聖域の土産物店で商品の価格を10%割引く。

世界遺産:ホイアン旧市街

このほか、6月1日から同省の世界遺産:ホイアン市の旧市街、チャークエ菜園(vuon rau Tra Que)、タインハー陶器村(lang gom Thanh Ha)でも観光客受け入れを再開する、という。

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel