入国時、72時間以内の陰性証明が不必要に、入国時のPCR検査も廃止

                           

2022年03月17日

カンボジアは、到着の72時間前に取得するPCR検査陰性証明書の必要なく、そして入国時のPCR検査も廃止した。

カンボジアのフンセン首相は17日、「カンボジア政府がカンボジア入国のPCRテスト要件を除外し、到着時にビザの再開を許可して、カンボジアの投資、ビジネス、観光を促進し、PCR検査のテスト機器と医療機器の費用を節約することを決定した」と述べました。

こうした入国規制の大幅緩和は、ここ数日、保健省が発表した症例数は、1日あたり約100例に徐々に減少し、1例が死亡し、数日は死亡していないことも背景にあると国内の政府系のメディア:Khmer Timesは触れているが、一向にカンボジアの入国数が増えず、さらにカンボジアのPCR検査自体の信頼度の不足、不透明な高額料金など外国人旅行者のビジネス、観光入国を阻害しており、カンボジア経済への打撃が深刻化しているからであろう。

カンボジアへの渡航での入国時は容易になったったが、依然日本へ帰国時が厳しい

カンボジアへの渡航、日本への帰国を考えている人には、カンボジアの入国規制が大幅に緩和されても、日本の入国規制の緩和-特にカンボジアがコロナ感染指定国の除外ーがなされるかどうか、「渡航自粛の要請」が解除されるかどうかにかかっている。

またカンボジアからの出国、日本への入国で72時間以内のPCR検査陰性証明書が必要とされている限り、出国時のPCR検査陰性証明書の取得が容易ではなく、またPCR検査自体の信頼度が低い、さらに外国人へのPCR検査と陰性証明書の取得で高額ボッタくりは、依然として是正されていない。

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP